代表ブログ

夏休みとキャリア

夏らしいひまわりの花がまぶしく感じる季節
働く人たちもしばし仕事をはなれ、自由を感じる8月
9月からの研修打合せを重ねつつ私も
夏休み自由研究と称し、アンテナを広げています

クルンボルツ博士のCareer Planned Happenstance理論から
「好奇心を広げる」をテーマにキャリアを学ぶ受講生に2つ提案をしました
1.夏休みに気になりながら出来なかった、興味あることを探ってみる
2.興味あることを探すために、この夏新しい出会いの場に行ってみる

私自身は前期に行ったコミュニケーション研修から
身体全体をつかって表現する大切さ、面白さを
受講生の声から、気持の変容ぶりに心揺さぶられました
「恥ずかしかったけれど、身体で気持を表現する面白さを初めて味わった」
「表現することを通して、自分の気持が変わっていくのがわかった」…

キャリアは大きなテーマと思いがち…でも日々出来ることから
目の前の人に身体全体をつかって気持や思いを表現してみる
日々の触れ合う場から試してみませんか
きっと新たな一面を引き出すことにつながると

先日 8/26にオープンする京都のからかみギャラリー「唐(カラ)マル」内覧会に
しごと仲間(有)スマートアイ坂田さんの紹介で参加しました http://www.smart-i.jp/
「唐マル」をつくった㈱丸二さんは明治35年創業し和建築の襖紙・表装を手がけておられます
http://www.maruni-yoto.co.jp/gallery/ ステキな文様・デザインに心がときめきました

ギャラリーでは襖に使われる伝統の文様からポストカードづくりなど体験しました
子どもの頃の襖(ふすま)のあった暮らしの記憶や
自分の中で忘れていた創造性を引き出してもらう経験でした

新しい出会いの場 ひと・もの・自然・目に目ないもの…
この夏 好奇心を感じるところへ一歩ふみ出してみませんか

 

夏休み戸隠神社にて 樹齢百年を越え木霊が聴こえるよう木々たち

鎮守の森で。樹齢百年の声が聴こえるようでした

コミュニケーション教育

ひときわ暑さを感じるこの夏 いかがお過ごしですか
今年度からコミュニケーション授業を担当しています
キャリア形成する上でコミュニケーションの大切さは周知のこと
が、理解して活用してもらうには…と毎回アプローチを思案しました

「共感」を理解するだけではなく、「共感」を体験してもらうこと
共感してもらえたうれしさ してもらえなかった残念さを
頭ではなく、心で感じてもらうことが大切と取り組みました

誰もが経験する人生のテーマ、例えば
「子どもの頃 どんな遊びをしたの」
「勉強、成績のほろ苦い、うれしい思い出は」
「いま一番気がかりなことは」
など自分の思いを人に伝え、共感してもらう体験が
心に残ると彼らの振り返りのことばからも思いました
そして、人をおそれず色んな人と話をするレッスンが必要とも

米国では小学校でコミュニケーションの正規科目があるように
日本でも色んな人と触れ合う機会、人間関係のつくり方を
子どもの時から学んでいると人生は変わってくるのでは
日本で引きこもりが社会問題となるなか
カウンセラーとして学生や社員の方の相談からも、その重要性を感じます

夏休みを前に、宿題ではないけれど学生さんに
「さまざまな年齢の人たちと触れ合い、共感する経験をしましょう」と伝えました
花火、盆踊り、お墓参り、キャンプ、家族旅行など たくさんでました!
人との交流が共に感じる力を引き出し、あなたの人生を豊かにする
夏休みの思い出とともに成長してくる姿 楽しみです

 

雨上がりの蓮 涼しさを誘います

雨上がりの蓮 涼しさを誘います

2017年度研修実績

【研修・講義】

年 月 組  織 対 象 者 テーマ
2017年7月 同志社女子大学 看護学部3回生 キャリア教育
2017年7月 奈良県下看護専門学校 看護学生 心理学講義(3回)
2017年7月 奈良県下看護専門学校 看護学生 看護コミュニケーション   (8回)
2017年7月 IT関連企業 管理職 メンタルヘルス ラインケア
2017年7月 対人援助職グループ 対人援助職 カウンセリング クライアントとの関係性
2017年6月 同志社女子大学 看護学部2回生 キャリア教育(2回)
2017年6月 訪問介護会社 介護スタッフ 介護職のメンタルヘルス・マネジメント
2017年6月 京都府立医科大学附属病院 新人看護職 キャリア教育、医療接遇
2017年6月 奈良県下看護専門学校 看護学生 心理学講義(4回)
2017年6月 奈良県下看護専門学校 看護学生 看護コミュニケーション(6回)
2017年5月 IT関連企業 新入社員 メンタルヘルス・セルフケア
2017年5月 京都府立医科大学 医学・看護学科1回生 キャリア教育講義
2017年5月 同志社女子大学 看護学部1回生 キャリア教育(2回)
2017年5月 奈良県下看護専門学校 看護学生 心理学講義(4回)
2017年5月 奈良県下看護専門学校 看護学生 看護コミュニケーション(4回)
2017年5月 訪問介護会社 介護スタッフ 介護職のメンタルヘルス・マネジメント
2017年4月 京都府精華町 新規採用職員 新規採用職員研修社会人入門
2017年4月 独立行政法人造幣局 新規採用職員 職業人の心構えについて
2017年4月 近江八幡市立総合医療センター 新入医療専門職 医療職の心構えとビジネスマナー
2017年4月 奈良県下看護専門学校 看護学生 心理学講義(3回)
2017年4月 奈良県下看護専門学校 看護学生 看護コミュニケーション(4回)
2017年2月 京都府精華町 学童保育支援員 一年の振り返り支援員の役割
2017年2月 歯科医療グループ 医療スタッフ 医療接遇研修・安心感をもたらすには
2017年2月 対人援助職グループ 対人援助職 メンタルヘルスの知識とセラピー
2017年1月 京都府看護協会 訪問看護師 訪問看護マナー
2017年1月 滋賀県下私立大学 社会学部学生 キャリアデザイン論(2回)

キャリア研修をおえて

色鮮やかな紫陽花を愛でるのが楽しい季節です
6月 新人医療専門職の方のキャリア研修をつとめさせて頂きました
勤めはじめたばかりの彼らには、キャリアを考える余裕などない日々ですが
「だからこそ大切では」と教育担当の方が研修を設けて下さいました

2016年4月「職業能力開発促進法」が改正され
労働者が自身の職業生活設計とキャリア開発の義務が課されたこと
事業主は労働者に対してそれらが出来るよう、能力開発の支援など
努力義務として示されたことを伝えました

社会の変化とともに、組織も変化を求められるなか
何より 自分の将来の働き方、進む道を組織まかせにせず
自身が主体的に描き、行動することが求められている
真剣に聴く姿に、そんな時代を迎えていることを実感して頂いた時間でした

社会とつながるためには、医療技術だけでなく
挨拶やマナー、笑顔、コミュニケーションなど人とつながるための
人間力が求められます
働き方を模索する一年目、社会とのつながりを意識することが
能力開発につながり、あなたへの信頼につながると信じ、応援します

受講生の方、スタッフの皆さま 本当にありがとうございました

マーガレットが咲きました

     マーガレットが咲きました

新人研修を通して

爽やかな風を感じる季節になりました

4月毎年させて頂いている医療機関、行政、企業様で

新入社員研修をつとめました

入社式を終えたばかりの新人の方たち

「入社した組織で役に立ちたい、認められたい」

その思いが緊張する表情から伝わりました

 

心に残った新人の方たちがいます

「患者を癒(いや)す医師になりたい」と

語ってくれた新人の男性研修医

「ただ治すだけでなく、患者さんにとってホッとする存在でありたい」と

 

公務員の職を選んだ女性技師

「学んだ技術をいかし、人々の暮らしを良くしたい」

と思いを込めて語る姿に

女性が少ない分野に挑戦する覚悟を感じました

 

彼らの可能性をどう引き出していくのか

理想と現実にとまどう彼らをどう見守るのか

育てる私たちの働き方、生き方が問われる時代と感じます

 

ようやく1ヶ月経ちました

一緒に学んだ仲間とともに助け合い、励まし合いながら

前へ進んでくれていたらうれしいです

半年後の研修で会えますね、少し成長した姿を楽しみに…

                            

新入職員研修、多職種での共有がきっといい協力につながります

新入職員研修、多職種での共有がきっといい協力につながります

女性のキャリアデザイン

朝 窓をあけると庭のハナミズキのつぼみが

一日一日少しずつ開くのが楽しみなこの頃です

 

4月から放送大学のオンライン授業「女性のキャリアデザイン」を

受講しています

女子学生や職業をもつ女性のキャリア研修に携わり                     

10年を過ぎたいま、あらためてキャリアを学びたいと思ったからです

 

キャリアデザインとは何か

なぜ女性にキャリアデザインが必要か

女性の生き方働き方、社会の意識はどのように変化しているか

など、原点に戻り見つめたいと

 

受講者はさまざまで、働いている女性や専業主婦、パートや定年退職された方

男性の受講者も含まれ、多様な見方や考え方を

共有できることが楽しみです

 

ITを通しての新たな形での学び

ディスカッション、レポート、テストも新鮮で

学生に戻った気分です

 

私自身のキャリアを見つめ直す機会にもできたら

キャリアをライフワークにする仲間とも共有し

春からスタートする学び 軽やかにしなやかにつづけます

鮮やかな紫のムスカリ咲きました

鮮やかな紫のムスカリ咲きました

 

桜の季節 出会いから

桜の花が美しい季節

4月1日から新入社員の方の研修がはじまりました

彼、彼女らの表情からうれしさと緊張する気持がひしひしと伝わります

 

今年のテーマはさまざま…

社会人、職業人としての常識・心がまえ

ビジネスマナー、接遇、コミュニケーション

メンタルヘルス、自己管理のし方など

 

どれも大切なテーマですが、土台になるのは

やはり、「社会人・職業人としての心がまえ」

その役割を受け入れて初めて、覚悟ができると感じます

 

研修のあと 母校の大学でお世話になった先生にお会いしました

当時の先生方、同級生、いまの学生や近況など

色んなことを話しながら、笑ったり驚いたり…なつかしいひと時でした

 

帰り道 学生だった私が いまの私になるまで

たくさんの経験や失敗、ある時は落ち込み涙する日もあり

その時その時 色んな人との出会いに支えられたと思い返しました

 

新人の方たちには自分の原点を忘れず

クルンボルツ博士のキャリア理論 Career Planned Happenstanceの

5つの特性、「好奇心、継続性、楽観性、柔軟性、冒険心」を参考に

小さな自分を育て、豊かな人生をつくってくれるようお祈りします

 

桜の季節 貴重な出会いに感謝しつつ

人生の新たな一歩  心から応援しています

 

日本アルプスを見渡す桜

                     日本アルプスを見渡す桜

鳥からのメッセージ

草木が芽吹きはじめる季節
家のベランダに鳥の好きな食べ物と水浴びのお皿をおきました
それから2日後… ヤマガラやシジュウカラが朝から訪れ
今はつがいで仲良くおとずれる鳥も見かけるように

4月から6月にかけて子育てのために巣をつくると知り
初の巣箱づくりにチャレンジ!

つかう材料をお世話になっている工務店にもらいに行き
説明書を見ながら、寸法を測り のこぎりでギコギコ
釘を何度も打ち直し、入口の穴をくり抜き…
喧々諤々やり取りしつつ 何とか6コ完成!

巣箱づくりからつくづく感じたことは、想像力の大切さ
形あるものをつくるには完成図をイメージすること
使い手の立場にたってその技術を生かすこと
こんな小さな巣箱にも正確さと技術、知識が必要なのだと

新しい生命の宿る 「鳥たちのすみか」をつくっている…
そんな想いを込めてつくることが大切だと
鳥たちに教えてもらった一日でした

木にシュロ縄でつけた巣箱入ってくれたら...

 シュロ縄でつけた巣箱 4月になれば…