コミュニケーション授業から

ひときわ暑さを感じるこの夏 いかがお過ごしですか
今年度 はじめてコミュニケーション授業を努めています
キャリア形成する上でコミュニケーションの大切さは周知のこと
が、理解して活用してもらうには…と毎回アプローチを思案しました

「共感」を理解するだけではなく、「共感」を体験してもらうこと
共感してもらえたうれしさ してもらえなかった残念さを
頭ではなく、心で感じてもらうことが大切と取り組みました

誰もが経験する人生のテーマ、例えば
「子どもの頃 どんな遊びをしたの」
「勉強、成績のほろ苦い、うれしい思い出は」
「いま一番気がかりなことは」
など自分の思いを人に伝え、共感してもらう体験が
心に残ると彼らの振り返りのことばからも思いました
そして、人をおそれず色んな人と話をするレッスンが必要とも

米国では小学校でコミュニケーションの正規科目があるように
日本でも色んな人と触れ合う機会、人間関係のつくり方を
子どもの時から学んでいると人生は変わってくるのでは
日本で引きこもりが社会問題となるなか
カウンセラーとして学生の相談に携わる中でも重要性を感じます

夏休みを前に、宿題ではないけれど学生さんに
「さまざまな年齢の人たちと触れ合い、共感する経験をしましょう」と伝えました
花火、盆踊り、お墓参り、キャンプ、家族旅行など たくさんでました!
人との交流が共に感じる力を引き出し、あなたの人生を豊かにする
夏休みの思い出とともに成長してくる姿 楽しみです

 

雨上がりの蓮 涼しさを誘います

   雨上がりの蓮 涼しさを誘います